大豆レシチン

レシチンは人間の体内に存在するリン脂質としては最も多く、人間の体を構成する約60兆個といわれる細胞のすべての細胞膜を構成している主成分です。

ひとつの分子内に親水性の部分と親油性の部分を持っており、肌への密着性や成分の肌への浸透性を高め、肌を若々しく保つ効果があります。
また、肌の保水効果、保湿効果が高いだけでなくバリア機能強化など肌のコンディションを整える効果があります。
同じように肌の保湿効果が高いといわれる成分にヒアルロン酸やコラーゲンなどがありますが、表皮からの肌の水分蒸発は防ぐことは可能ですが、皮膚の内部まで潤うとは言えません。肌が潤っているように見えるだけでは、肌の角質層にまで潤い成分が届かないと、本当に肌が潤って保湿ケアやエイジングケアの効果が出ているとは言えないのです。

ドクターズコスメデルマビジュアルズは界面活性剤の替わりに、大豆から抽出したレシチンと天然酵母から抽出したセラミドを使用しています。

関連記事

  1. ハマメリスエキス

  2. ヒバマタエキス(海藻)

  3. ヘラオオバコ(皮脂コントロール)

  4. ビタミンC

  5. ヒアルロン酸(保湿)

  6. CMグルカン(保護作用)

  7. ビタミンA

  8. シア脂

  9. サルビアラバンドゥラエフォリア

人気記事

最近の記事

PAGE TOP