フランキンセンス(リラックス効果)

<美容効果>

フランキンセンスとは別名乳香(にゅうこう)と呼ばれ、ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂のことを指します。

イエス・キリストが誕生した際に贈られた香として知られるフランキンセンスの香りには、リラックスを感じる体内物質に働きかけるちからがあります。

<植物としての特徴>

ボスウェリア属の樹木は、オマーンなどの南アラビア、ソマリアなどの東アフリカ、インドに自生している。

これらの樹皮に傷をつけると樹脂が分泌され、空気に触れて固化する。

1〜2週間かけて乳白色~橙色の涙滴状の塊となったものを採集する。

乳香の名は、その乳白色の色に由来する。古くからこの樹脂の塊を焚いて香とし、または香水などに使用する香料の原料として利用されている。

<配合されている商品>

  • コンプレックスBSW(美容液:日焼け・乾燥が原因の肌荒れ)
    フランキンセンスとアボガドがナノ化され、角質層にしっかりと浸透し肌荒れを抑制します。

関連記事

  1. カフェイン

  2. 小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)

  3. ココナッツ油(うるおい)

  4. ビタミンE

  5. グレープシード

  6. メリッサエキス

  7. キュウリエキスのビタミンC(美白効果)

  8. マカダミアナッツ油(保湿)

  9. ヘラオオバコ(皮脂コントロール)

人気記事

最近の記事

PAGE TOP