キュウリエキスのビタミンC(美白効果)

<美容効果>

キュウリを食べることによる肌への影響については、白血球の働きを活性化して免疫力を正常に保つ作用が、緑黄色野菜より高いことが明らかになっています。

さらに昔からパックなどに使われており、キュウリ100gに含まれるビタミンCは還元型と酸化型を合わせた総ビタミンC量の14mgです。

キュウリエキスは美白効果・毛穴引き締め効果・消炎効果に優れ、代謝を促してコンディションを整えます。

元気のないお肌にたっぷり水分を与えるのにとても適しています。

<植物としての特徴>

キュウリ(胡瓜)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実。

かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。

インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。

「キュウリ」の呼称は、漢字で「木瓜」または「黄瓜」(きうり)と書いていたことに由来する。

上記の通り現代では未熟な実を食べる事からあまり知られていないが、熟した実は黄色くなる。

今と異なり古い時代はこれを食べていた。

尚、現代では「木瓜」はボケの花を指す。

<配合されているデルマビジュアルズ商品>

  • アイジェルプラス(目元専用ジェル)
    さわやかなキュウリエキスと、D-パンテノールを配合した目元専用ジェルが、疲れがたまりやすく敏感な目元になじみ、リフレッシュします。保湿効果も高く、目元にハリを与えます。
  • フェイストニック(化粧水)
    元気のないお肌にたっぷり水分を補給するキュウリエキスとDパンテノール配合。
    お肌をリフレッシュさせ、次に使用する美容液の導入を助けます。

関連記事

  1. ハマメリスエキス

  2. セイヨウハッカ葉エキス

  3. ラミナリアディギタータ(洗浄)

  4. カレンデュラ

  5. ブッチャーブルーム

  6. シア脂

  7. 大豆レシチン

  8. プロビタミンB5(D-パンテノール)

  9. ヒアルロン酸(保湿)

人気記事

最近の記事

PAGE TOP